エンタメボルボックス

海外ドラマを中心に、ツッコミながら観るブログ。観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

MENU

ドラクエウォーク引退を決意した3つの理由

f:id:Boxthecompass:20191218155022j:plain

 

 おはようございます。

 本日は、最初にして最後、ドラクエウォークについて書きたいと思います。私、ボルボックスは、配信日よりずっと、ドラゴンクエストウォークをプレイしておりました。波はあったものの、それはもうなかなかの入れ込みようで…。家から最寄り駅までの往復、会社の昼休み、休日に出かける際等…チャンス、時間を見つけてはプレイし、積極的に楽しんでおりました。メインクエストは現在4-9までクリアし、キャラのレベルも全員40までは到達。巷でよく言われておりますが、日常生活が正しく“冒険”に変わるような日々を過ごしていました。

 

  

 

 今まで、ポケモンGOに熱中する中高年を心の中で散々馬鹿にしてきました。電車で駅に着く度に必死にポケストップを回しているサラリーマン。ビルの周りに大量に押し寄せ、一様に携帯画面中央を下から上にスワイプする謎の集団。これまで、散々笑ってきました。

 しかし、気が付くと自分も、見知らぬ人たちと共にメガモンスターを倒す勇者となり、「こころ確定」マークに行き先を決められてしまうハンターになっていたのです。ガチャの結果に一喜一憂し、ジェムを集めるために同じクエストを初級中級上級と全て回し、装備を強化するために必死にゴールドを集めました。この約1カ月、ドラクエウォークを中心に生活していたと言っても過言ではありません。

 

 しかし昨日、急に虚しさがこみ上げてきたのです。気が付けばアプリを終了し、携帯からアンインストールしていました。あれだけ熱中したドラクエウォーク、辞めようと思った理由は以下の通りです。

 

①新ふくびき(ガチャ)「黄龍装備」で爆死

 やはりこれが大きいでしょうか。一番のきっかけになりました。新ふくびきが登場したという事で、持っているジェムを使い、20連ちょっと回しましたが、☆5はおろか、☆4すら数個しか出ない結果でした。これは、ロト装備の時も同様であり、ネットでよく騒がれているようなメイン武器は全然手に入りませんでした。

持っている☆5武器は、

・残念丸こと「名刀 斬鉄丸」×2

・決定力にかける「やしゃのこん」

・バギマバギマバギマ「ひかりのタクト」

・お世話になった「グレートアックス」

・もっとお世話になった「りゅうおうのつえ」

 

こんなところでした。「りゅうおうのつえ」のようなイベント関連の装備が出た時は、本当に嬉しいんですが、ロトが一つも手に入らなかった事、黄龍も手に入らなかった事がモチベーションの低下に繋がりました。課金してまで…とは思わないので、クエストをほぼ消化してしまっている現状、ジェムを手に入れる機会も限られてしまったのも要因です。自分の持っている数少ない☆5装備が、ネットで叩かれているのを見ると悲しくなりました。

 

 

②出かける目的がドラクエウォークになり、現実の用事を超えてしまった

 これも大きな要因になりました。人と歩いている時も、ウォークモードにしているとは言え、周りでレアモンスターが発生していないか、瀕死状態で全滅を繰り返していないか、繰り返し画面をチェックし、目的地についてはクエストを消化し…という事を繰り返していました。一人で出かける時に至っては、目的地の設定の関係で遠回りする事も多々あり、複数のクエストをこなしていたら、なかなか本来の用事が果たせない、ということもありましたゲームの世界で冒険するために、現実の人間関係や生活を犠牲にしている事に気が付いてしまったのです。いや、早い段階で薄々は感じていました。しかし、見て見ぬふりをしていたのです。

 

③レベルの上がらなさにマンネリ感が出始めた

 最後はマンネリ感です。スライムこと、野沢雅子と話をしながら進行していくストーリーに全く興味が持てず、毎回スキップしていました。雅子の「ハハァッ!」というボイスを聞く瞬間だけが幸せです。ゲーム自体は本当にシンプルなシステムなので、歩いてバトルの繰り返し。効率を考えてオートバトルを使い始めた時に、自分の目的がレベル上げになっている事に気が付きました。バトルがメインのゲームで、バトルすらしなくなれば、なんのためにゲームをしているのだろう、と。そして、レベルが30台後半になった頃から、1日で1レベル上げるのが辛くなってきており、目に見える達成感がなくなってしまったのです。

 

 

以上の3つの理由から、ドラクエウォークを引退する決意をしました。また、天空シリーズ等、過去作とのコラボで盛り上がれば、情報だけは追っていきたいと思います。