エンタメ・ボルボックス

海外ドラマやゲームを中心に、面白いと感じた事を発信!観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

ネタバレ感想・考察『THE MANDALORIAN(マンダロリアン)』チャプター4:SANCTUARY クローンウォーズS2「7人の傭兵」のオマージュ?

www.instagram.com

 

 今回紹介するのは、日本では12月26日から公開された「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品『THE MANDALORIAN(邦題:マンダロリアン)』です。ディズニーの公式動画サービス「ディズニーデラックス」限定での配信となります。

 

第3話考察↓

  オリジナルライトセーバー作りについて↓

『マンダロリアン』チャプター4:SANCTUARYのあらすじ

  ザ・チャイルドと共に辺境の惑星に隠れる主人公。匿ってもらった集落で、盗賊からの護衛の仕事を引き受けるが…。

www.instagram.com

前回考察の答え合わせ:主人公はマンダロリアンではない?

 ⇒やはり主人公はマンダロリアンではありませんでしたね。両親を殺された後に、マンダロリアンに拾われて育てられたようです。子供時代の回想シーンも、マンダロアの大粛清とは別のシーンだったようですね。「自分の印が無い」というのも納得です。では、育ての親であるマンダロリアンはどうしてしまったのでしょうか。こちらの親もまた大粛清にて死んでしまったのでしょうか…。

クローンウォーズ・シーズン2第17話「七人の傭兵」のオマージュなのか

 ⇒クローン・ウォーズの中で、オビ=ワンとアナキンが辺境の星に墜落し、たどり着いた村で盗賊から村を守るために、戦いを教えるという話がありました。今回のストーリーもまた、たどり着いた辺境の星で、傭兵として小さな集落に雇われ、村人に戦いを教えるというものでした。クローンウォーズを意識した作品なのでしょう。

村人の女は何故武器を扱えたのか

 ⇒辺境の惑星の農民の女性。子連れですが、父親についての描写はなく、主人公に好意を持っている様子が描かれます。そして彼女は、村人の中で唯一、銃を扱う事ができました。彼女の正体は一体何者なんでしょうか。ドラマの中で再登場の可能性も?

ザ・チャイルドがカエルを食べなかった意味

 ⇒第2話では、自らカエルを捕まえて食べていたザ・チャイルドですが、今回は村の子供たちが驚いた様子を受けて、食べる事をやめました。ザ・チャイルドもまた、短い期間ではありますが、成長して他者の反応を意識するようになったのでしょうか。当初は弱っていたのか、ずっと揺りかごでの移動でしたが、今は普通に元気に動き回っていて安心しますね。トラッキングフォブがある限り、今後も追われ続けることになるのが心配です。解決するには、クライアントを止めるしかないのでしょうか。

 

www.instagram.com

感想:マンダロリアンの厳しすぎる掟!キャラ・デューンや村人との共闘に安心感

 主人公って、単独行動をしようとしているけど、結果として毎回誰かしらと共闘することになりますね。賞金稼ぎドロイド、ザ・チャイルド、マンダロリアンの同胞、そしてキャラ・デューン。仲間と戦っている様子を見ると、安心感があります。盗賊たちはロードオブザリングのオークみたいでした。

 それにしても、マンダロリアンの掟、厳し過ぎません??ヘルメットを人前で脱いだら二度と被れないとか…。本当に食事は一人で食べるしかないんですね…

 そしてキャラとの別れ際の「Until our paths cross」の挨拶、格好良いですね。日常生活でも使いたい…。

 

『マンダロリアン』のグッズが出るようです↓