エンタメボルボックス

海外ドラマを中心に、面白いと感じた事を発信!観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

MENU

【Netflix】『アウターバンクス』ネタバレ感想・レビュー|スコア65点「全編オレンジで目がしんどいけど、仲間との絆を感じられるドラマ」

今回紹介するのは、2020年4月に公開されたNetflixオリジナルドラマ『アウターバンクス(原題:Outer Banks)』です。

 

 『アウターバンクス』とは

概要

2020年4月15日に公開されたNetflixオリジナルコンテンツのドラマ(全10話)。

「アウターバンクス」は、アメリカ・ノースカロライナ州に実在する地名で、本土から離れて海を挟み、縦長の陸地が続く。

ノースカロライナ州のアウターバンクス:魅力あふれる海辺の旅のルート | GoUSA

本作は、この変わった地形をした街で、貧しい少年グループが金持ちグループと対立しながら、沈没船の宝を探す話です。

Netflix公式サイト(https://www.netflix.com/)より

ハリケーンが島を直撃した翌日、沈没していた高級ボートを見つけたジョンB、JJ、ポープ、キアラの4人は、その謎を探る危険な探偵ごっこを始める。

出演者・キャスト情報

ジョン・B:チェイス・ストークス

出身:アメリカ・メリーランド州アナポリス

生年月日:1992年9月16日(2020年5月現在・27歳)

本作の主人公。

1話時点では、JJと見分けがつけられなかったが、今となっては何故見分けられなかったのか、分からない。

逃走能力かなり高め。

サラ・キャメロン役:マデリン・クライン

出身:アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン

生年月日:1997年12月21日(2020年5月現在・22歳)

シーンによって作画が変わる人。綺麗な時とそうでない時の高低差が激しい。

滑走路以降はずっと、唸ってる。

キアラ役:マディソン・ベイリー

出身:アメリカ・ノースカロライナ州

生年月日:1999年1月29日(2020年5月現在・21歳)

ヒロインかと思ったらサラにポジションを奪われ、後半はあまり活躍しない。

チームの良識人。

ポープ役:ジョナサン・デイヴィス

出身:アメリカ・

生年月日:1999年2月28日(2020年5月現在・21歳)

宝のために人生を棒に振った、一番の被害者かもしれない。

関わらなければ安泰な生活を送れただろうに…。

JJ役:ルディ・パンコウ

出身:アメリカ・アラスカ州

生年月日:1998年(2020年5月現在・21歳)

ダークサイドに落ちて、屋外ジェットバスとダサいイルミ―ネーションを買った男。

 

ワード・キャメロン役:チャールズ・エステン

出身:アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグ

生年月日:1965年9月9日(2020年5月現在・54歳)

街の権力者。立場を利用した嘘で保身。

フック船長のような武器で戦うのがお気に入り。

ピーターキン保安官役:アディナ・ポーター

出身:アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク

生年月日:1971年3月13日(2020年5月現在・49歳)

滑走路のシーンは激アツでした。

トッパー役:オースティン・ノース

出身:アメリカ・オハイオ州シンシナティ

生年月日:1996年7月30日(2020年5月現在・23歳)

レイフと見分けがつかない。

レイフ・キャメロン役:ドリュー・スターキー

出身:アメリカ・ノースカロライナ州

生年月日:1993年6月3日(2020年5月現在・26歳)

トッパーと見分けがつかない。

 

管理人的スコア:65点「全編オレンジで目がしんどいけど、仲間との絆を感じられるドラマ」

ストーリー  :★★★★☆

宝探しに関しては、解いては次の謎が出て来て…の繰り返しで、ご都合主義も感じました。

ただ、友人たちと協力して、実際に金を見つけた際の達成感は大きく、一緒に喜ばしく感じられました。

それぞれのキャラクターの抱える事情や家庭環境、それに加えたポーグとクークの対立など、これまでの苦労が報われる爽快感はたまらなかったです。

さらに、そこをドラマのクライマックスとせず、その後の展開もしっかり描いてくれた事も評価されるべきポイントだと思います。

後半は、サラさえしっかりしていれば、もっと解決できた事もあるだろうという思いは拭えませんが…

落ち着いて警察に喋らんかい!と何度も思いました。笑

ワードとレイフのうざさは半端なかったですね…。

シーズン2では、ちゃんと罰せられる事を望みます。

麻薬の売人や、最後急に現れたハゲの捜査官など、シーズン2ではジョンB達に敵対する人間が大勢出て来そうですね。

キャスト・演技:★★★★☆

主人公グループが観ていて微笑ましく、どのキャラクターに愛着が持てました。

どのキャラクターが暴走しても、数話引きずることなく、すぐに解決して話が進んでくれたのが大きかったと思います。

個人的には奨学金を蹴ったポープの今後が気になります。

どのキャストも知らない人ばかりでしたが、「早く続編を観たい!」と思わされました。

演出     :★★★☆☆

基本的に主人公は、最初から最後までずっと誰か追われていますが、その緊迫感と友人たちとの楽しい生活のギャップがあって良かったです。

特に、金を運び出す際に、盲目ショットガンおばあちゃんから隠れる場面が好きです。笑

急にホラーテイストで笑いました。

また、未成年ゆえの無力さも印象的でした。

真実を言っても大人に信用されない、大人は子供相手に聞く耳を持とうとしない、そんな大人が嫌でも結局親の世話にならないと生活はできない、複雑なティーンの葛藤が感じられました。

映像美    :★★☆☆☆

『タイラー・レイク』でもそうでしたが、全編通して、オレンジ色のフィルターがかかっています。何時なの?

ずっとオレンジ色か夜、さらロケーションは海しかないので観ていて飽きる…。

アウターバンクスという街の魅力を、普通の青空や街並みを通して感じたかった。

湿地帯や桟橋など、ならではの風景で、他の映画にないロケーションだったのは良かったです。

 

『アウターバンクス』シーズン2は情報無し

ストーリー上、シーズン2に持ち越した形になりますが、現時点ではシーズン2の制作は発表されていません。今後の再生回数次第でしょう。

ストーリーとしては、ジョンBとサラはバハマで金の奪還。

あとの3人組は、ジョンB達に合流するために奔走するのでしょうか。