エンタメボルボックス

海外ドラマを中心に、ツッコミながら観るブログ。観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

MENU

【Netflix】『デンジャラス・ライ』ネタバレ感想・レビュー|スコア55点「細かい事は気にせず雰囲気で味わう、映像綺麗め遺産相続スリラー」

f:id:Boxthecompass:20200503224421p:plain

引用:https://www.netflix.com/

今回紹介するのは、2020年4月に公開されたNetflixオリジナルコンテンツの映画『デンジャラス・ライ(原題:Dangerous Lies)』です。

 

 『デンジャラス・ライ』とは

概要

2020年4月30日に公開されたNetflixオリジナルコンテンツの映画(1時間37分)。

リバーデイルでお馴染みのカミラ・メンデスが怪しかったり、そうでもなかったりする遺産相続スリラーです。

Netflix公式サイト(https://www.netflix.com/)より

金欠にあえぐ看護人のもとに舞い込んだ、裕福な患者の全財産。それは幸せな人生の幕開けになるはずだった。ばく大な遺産に潜む恐ろしい秘密が顔を出すまでは…。

監督:マイケル・スコット

出演者・キャスト情報

ケイティ・フランクリン役:カミラ・メンデス

出身:アメリカ・バージニア州シャーロッツビル

生年月日:1994年6月29日(2020年5月現在・25歳)

主な出演作:『リバーデイル』

女性版カルロス・ゴーン。

一見、巻き込まれたように見えて、遺産相続が決まった瞬間思いっきり笑顔を見せたり、ダイヤや死体の事はしっかり秘密にしていて、したたかでした。

二人の関係性の方が大切とか、警察に通報するとか言いながら、しっかりもらうものはもらっちゃってましたね。

言動が一致しないので、感情移入しづらい主人公でした。

アダム・ケトナー役:ジェシー・T・アッシャー

出身:アメリカ・メリーランド州

生年月日:1992年2月29日(2020年5月現在・28歳)

主な出演作:『The boys』

最初から最後までニートでクズだった…。

働いてもいない男とよく結婚してたわ…。

結局、ダイナーの襲撃に居合わせたのは偶然なのか、って話の真相は闇って事ですよね?

一片たりとも好感を持てないキャラでした。

ジュリア・バイロン・キム弁護士役:ジェイミー・チャン

出身:アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ

生年月日:1983年4月10日(2020年5月現在・37歳)

主な出演作:『ドラゴンボール・エボリューション(チチ)』

韓国系アメリカ人。

良く分からなかったけど、悪かった人。

執拗に「ダイヤは?ダイヤは??」と聞いてきた時は怖かった。

レナード役:エリオット・グールド

出身:アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン

生年月日:1938年8月29日(2020年5月現在・81歳)

主な出演作:『オーシャンズ11・12・13・8』、『コンテイジョン』など。

弁護士の言い回しが、「遺言は本物よ。身寄りがないからどっちみちあなたに残したはず」的なニュアンスだったので、結局遺言も書いてないんですね。

ケイティーには好意を持っていて金銭的な援助をしてあげたかったから、小切手の額を増やして書いただけ。

屋根裏部屋の現金はただの貯金だったということ?

車庫の死体の存在に気が付かなかったのは、運転をしないから、という伏線の回収でいいんですよね?

ミッキー・ヘイデン役:キャム・ギガンデット

出身:アメリカ・ワシントン州タコマ

生年月日:1982年8月16日(37歳)

人の庭の花を勝手にむしるな。以上。

チェスラー刑事役:サーシャ・アレクサンダー

出身:アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス

生年月日:1973年5月17日(2020年5月現在・46歳)

主な出演作:『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』など。

庭のダイヤも見つけられない、秘密を持ってる主人公の事も見破れない、残念な人。

 

管理人的スコア:55点「細かい事は気にせず雰囲気で味わう、映像綺麗め遺産相続スリラー」

ストーリー  :★★☆☆☆

主人公だけは潔白でいて欲しかった…。

汚れキャラならそれはそれで貫いてほしいし、中途半端に犯罪の片棒担いでるのが釈然としない…。

加担しちゃったなら、それなりに報いは受けて欲しかったです。

キャスト・演技:★★★☆☆

大金を目の前にして、態度が変わっていくアダムの様子に、思わず「ああ、やめて…」と思わされました。

ケイティも完全に白ではないので、刑事とのやりとりや遺書を渡された時の満面の笑みなど、人間味が感じられて良かったと思います。

弁護士も改めて見たらすごく怪しいんですよね。

演出     :★★☆☆☆

残念ながら観終わった後にモヤモヤする点がいくつか…。

色々設定はあるんでしょうが、派遣会社の上司が何故深夜に不法侵入までしてきたのかとか、ダイナーの事件とアダムの関係とか、屋根裏の大量の現金とか、いまいち分かりませんでした。

1時間37分と、コンパクトに仕上げるのであれば、きっちり答えは示して欲しかったです。

映像美    :★★★★☆

豪邸の雰囲気を活かした綺麗なカットや、カメラを固定せず動きや臨場感のあるカットを多用しており、暗いテーマに反して気持ちよく観進める事ができました。

家のシーン多めなのに、窮屈感がなかったのは、装飾品や小物がしっかりしてるからですかね。

屋根裏の現金はTHE・宝箱に入ってましたが、海外だと普通に売ってるんですかね。

 

『デンジャラス・ライ2』続編情報は無し

まぁ当然っちゃ当然でしょうか。

ストーリー上、やり残しはあるけど、次に繋がるような話でもないので、きっと続編制作は無いでしょう…。