エンタメボルボックス

海外ドラマを中心に、ツッコミながら観るブログ。観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

MENU

スコア90点『キスから始まるものがたり2』ネタバレ感想・レビュー|「とにかく楽しい!続編でも安定のラブコメ」

f:id:Boxthecompass:20200725160913j:plain

引用:https://www.netflix.com/

今回紹介するのは、2020年に公開されたNetflixオリジナル映画『キスから始まるものがたり2(原題:The Kissing Booth2)』です。

本作の特徴はこちら

  1. とにかく楽しい!アメリカのハイスクールライフ
  2. ロサンゼルスボストンに行きたくなる!魅力的な映像
  3. エルとリーの掛け合いは健在!エンディングまで素敵
  4. 新キャラ・マルコダンスダンスレボリューションの大会が登場

 

 

『キスから始まるものがたり2』とは?

基本情報・評価

  • 2020年に公開されたNetflixオリジナル作品。
  • アメリカのコメディ映画で、2018年に公開された『キスから始まるものがたり』の続編

出演者・キャスト情報

年齢は2020年7月現在のもの。

エル・エヴァンズ役:ジョーイ・キング

出身:アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス

生年月日:1999年7月30日(20歳)

ジョーイ・キング - Wikipedia

リー・フリン役:ジョエル・コートニー

出身:アメリカ・カリフォルニア州モントレー

生年月日:1996年1月31日(24歳)

ジョエル・コートニー - Wikipedia

ノア・フリン役:ジェイコブ・エロルディ

出身:オーストラリア

生年月日:1997年6月26日(23歳)

ジェイコブ・エロルディ - Wikipedia

マルコ役:テイラー・ザッカー・ペレス

出身:アメリカ・イリノイ州シカゴ

生年月日:情報無し

クロエ役:メイジー・リチャードソン=セラーズ

出身:イギリス

生年月日:1992年3月2日(28歳)

Maisie Richardson-Sellers - Wikipedia

オリヴィア役:ビアンカ・ボッシュ

出身・生年月日:情報無し

ミア役:ジェシカ・サットン

出身:南アフリカ

生年月日:情報無し

グウィネス役:ザンディール=イザンディ・マドリワ

出身・生年月日・情報無し

管理人的スコア:90点「とにかく楽しい!続編でも安定のラブコメ」

ストーリー・設定 :★★★★☆

キャラクター・演技:★★★★☆

演出       :★★★★★

映像美      :★★★★★

夢見たアメリカの高校生活が詰まっている素敵な作品

高校へ車で通学、ロサンゼルスの綺麗な風景、ロッカーでのやり取り、とにかくノリの良い生徒達。

誰しもが一度は憧れる、アメリカでのハイスクールライフの全てが詰まっていました。

アメリカに強く憧れている私からすると、直視できないくらい眩しすぎる…。

そもそも、キスブースなるものが承認される時点で、日本じゃ考えられないですよね。

体育祭?みたいなやつのルールなんて一切分からなかったけど、とにかく楽しそうで羨ましい…。

ロープ使って、丸太の壁を向こう側に乗り越えるやつも、アメリカあるあるですね。

キスブースで、ゲイのカップルが結ばれた時や、リーとレイチェルが仲直りした時も、周りの生徒たちが良い奴過ぎて…。

嫌なキャラが全然出て来ない上で、物語が展開していくのは、楽しい気持ちのままで作品を観ることが出来て、大きなポイントでした。

エルの魅力が1より増して、弾けている!

ノアとのビデオ通話の際、贈られたハーバード大学のトレーナーを着て現れたエル。

「タラーーーーーーーーーン!!」って、可愛すぎるだろ…。

ボストン行きの空港で、リーと別れる際の「バイ~~~~」の言い方も…。

エルとリーのコンビのやり取りがいちいちツボで、最高でした。

エルとノアのボストンでのデートも素晴らしかったですね。

前作のロサンゼルスでのデートもそうでしたが、本当に魅力的過ぎて、旅行に行きたくなる…。

ボストン行きてぇーーーーーーーーーーーー!!

コロナが落ち着いたら絶対に行くと、心に決めました。

 

それにしても相変わらずエルとリーは、ダンスダンスレボリューションやってますが、現代日本だとやってる人なんて、最早ガチ勢しかいないですよね?

まぁ、あの二人もめちゃくちゃガチ勢ですけども。

こんな爽やかな2人組は、あんまりゲームセンターで見たことないかも…。笑

大会のセットは、炎出まくりの究極に派手なステージでした。

実際に大会って開かれているのかな、と思って調べてみたところ、こんな動画が。

まぁやっぱり、映画と現実には差が…。

 

それしても、リーは何故ホームカミングのキングに選ばれたのだろう。

そんなキャラじゃなかったですよね?

選ばれた時のエルの喜び方が可愛かった…。

アメリカ人にとって、ポップコーンは投げるものなんですよね。

アメリカ人の喜び方って本当に好きです。

新キャラ・マルコと煮え切らないフリン

ダンスダンスレボリューションのランキング1位を奪った「MVP」なる人物。

どうせ転校生マルコなんだろうと思っていたら、案の定。

マルコにしても、アメリカの高校生の中でダンスダンスレボリューションって流行ってるのか?

最初は皮肉っぽい奴なのかと思いましたが、普通にめちゃくちゃ良い奴でした。

最初から最後までエルに付き添ってくれたのに、結果としてその気にさせられて、フラれてしまった可哀想なキャラでした。

最後、エルのためにキスブースのチケットも買っただろうに、なんでや…。

 

一方、ノア。

相変わらず甘いマスクでめちゃくちゃ格好良い…。

にしても、今回は終始煮え切らない態度でした。

ずっと「クロエと何しとんねん…」と思いながらも、明確にキスするような描写が無かったので、きっと勘違いさせて何でもない関係、もしくは遠い親戚とかなんだろうと推測。

感謝祭にわざわざクロエを招いたのも「エルと仲良くさせるため」って…。

事前に説明しようぜ。

ノアの説明不足から今回のトラブルが始まったとは言え、話をすることなく浮気しちゃうエルもダメだけど…。

ダンス大会の決勝で、客席のノアの笑顔が素敵過ぎたので、キスを見て表情が曇る瞬間は、本当に辛かった…。

結局、ノアとクロエは親友という話でしたが、エルとリーは幼馴染なので、全然意味合いが違う気が…。

その幼馴染の関係性は、レイチェルにとっては邪魔なものでもあったし、男女間の友情って本人が良くても、周りからするとこんなにも問題を引き起こす種にもなるんですね。

 

マルコに喧嘩を吹っ掛けられた時、殴らなかったノアに成長を感じました。

あの瞬間、ノアとのハッピーエンドへ「流れ変わったな」という感じでした。

脳内で、ユニコーンガンダムのあのBGM流れてました。

最後、「あの場所で会おう」みたいなシーンはてっきり、ハリウッドサインの下かと思っていました。

自分がエルなら合流できてなかったわ…。

 

最後、エルがどちらの大学に行くのが結論出さなかったのは、「3」への伏線なのか!?

またこのメンバーの楽しい掛け合いが観たいので、是非とも続編制作をお願いしたい…!

 

 


【Amazon.co.jp限定】Night Diver(通常盤)《ポストカード(Amazon ver.)》