エンタメボルボックス

海外ドラマを中心に、ツッコミながら観るブログ。観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

MENU

スコア50点『チャイルド・プレイ』ネタバレ感想・レビュー|「チャッキー、ぶっさ!!軽めの気持ちで観られるホラー」

f:id:Boxthecompass:20200726214210j:plain

引用:https://www.netflix.com/

今回紹介するのは、2019年に公開されたリメイク版『チャイルド・プレイ』です。

本作の特徴はこちら

  1. 1988年「チャイルド・プレイ」のリメイク
  2. チャッキーの顔がめっちゃ不細工な衝撃
  3. 約90分、ホラー要素少なめなので軽い気持ちで観られる
  4. ルーク・スカイウォーカーがチャッキーの声を担当

 

リメイク版 『チャイルド・プレイ』を観るなら

 

リメイク版『チャイルド・プレイ』とは?

基本情報・評価

・2019年に公開されたアメリカのホラー映画

・1988年から計7作が公開された『チャイルド・プレイ』シリーズのリメイク版

・監督:ラース・クレヴバーグ

・評価IDMb ★5.8/10

出演者・キャスト情報

年齢は2020年7月時点のもの。

アンディ・バークレー役:ガブリエル・べイトマン

出身:アメリカ・カリフォルニア州

生年月日:2004年9月10日(15歳)

Gabriel Bateman - Wikipedia(英語版)

カレン・バークレー役:オードリー・プラザ

出身:アメリカ・デラウェア州

生年月日:1984年6月26日(36歳)

オーブリー・プラザ - Wikipedia

マイク・ノリス刑事役:ブライアン・タイリーヘンリー

出身:アメリカ・ノースカロライナ州ファイエットビル

生年月日:1982年3月31日(38歳)

ブライアン・タイリー・ヘンリー - Wikipedia

チャッキー(声):マーク・ハミル

出身:アメリカ・カリフォルニア州オークランド

生年月日:1951年9月25日(68歳)

マーク・ハミル - Wikipedia

まさかのルーク・スカイウォーカー…。

全然気が付かなかった。

ファリン役:ビアトリス・キットソス

出身・生年月日:情報無し

パグ役:タイ・コンシーリョ

出身:カナダ・バンクーバー

生年月日:2002年4月2日(18歳)

 

管理人的スコア:50点「チャッキー、ぶっさ!!軽めの気持ちで観られるホラー」

ストーリー・設定 :★★★☆☆

キャラクター・演技:★★☆☆☆

演出        :★★★☆☆

映像美       :★★☆☆☆

ネット通じて色々操る、現代版アレンジが良い感じ

1988年に作られた1作目のリメイクという事ですが…

さすがに内容覚えてない…!!

昔、金曜ロードショーとかで観てるはずなんですが。

とりあえず、見始めて即思ったこと。

チャッキーの顔、こんなぶっさいくなの!?

昔と全然違うやん…。

そもそもこんなキモい顔の人形を家に置いて、愛着を持って接する段階で不可能なんですが…。

しかも、初日の夜に不気味に歌われておきながら、翌日一緒に歯磨きしていることにびっくり。

チャッキ―の能力として、インターネットを通じて無人運転の車やら、ドローン、空調システムなど色々操ってくるのは現代風な演出で良かったですね。

ターミネーター然り、確かに現実に起こり得ることですもんね。

他の個体に乗り移っている演出もありました。

つまり、あのシリーズの人形がある限り、チャッキーの人格を持った人形はいなくならないということですよね…。

続編が出れば、これまた壮大な話になりそうです。

根絶するのはめっちゃ大変そう。 

チャッキーはさておき、人間サイドも曲者揃い

チャッキーが危ないのは勿論ですが、まわりの人間も厄介なキャラばっかりでした。

まず、母親の彼氏のシェーン。

ただでさえアンディを脅してくる嫌な奴でしたが、まさか妻帯者だったとは。

映画に登場する母親の彼氏って、大体嫌な奴か酒に溺れて暴力振るうのはなんでなんだろう。

殺されても心が痛まないのは未だ良かったですが…。

急にグロで殺されたかと思えば、翌朝普通に顔が置いてあったのは驚きました。

刑事さんの母親が普通に飾ってくれてたけど、皮だけとは言え臭ったりしないのか…。

 

同じく、アンディのマンションの管理人も気持ち悪いキャラでした。

マンション中に監視カメラを仕掛けているんですね。

カレンのシャワーシーンの時、必死で笑った。

まさかこの管理人が、一度壊されたチャッキーを修理するとは思いませんでした。

さすがにチャッキーが壊されるのは早すぎると思いましたが…。

管理人、あの電動ノコギリはかわそうと思えば出来たような気もします。

 

逆に死んで悲しかったのが、猫。

そして刑事のお母さん。

アンディを庇ってくれて理解のある優しいキャラだったのに…。

チャッキーに向かって「ホビットめ!!」って吐き捨てていたのは、強気で笑いました。

チャッキーと戦う時は、まず電気をつけよう

アンディが、家でチャッキーを探して色々壊して回るシーン。

まず電気つけようぜ…。

母親までアンディの事を信じてくれなかったのは残念でした。

最終決戦では、母親は人質に取られていましたが生きていて良かった。

チャッキーの頭を力づくで引っこ抜いたのには驚きましたが。笑

 

っていうか、みんなで協力して戦えばよかったのに、アンディは一人で行ってしまうんですね。

映画自体もかなり短く仕上がってたので、もう少し伸ばして子供たちの協力プレイが観たかったかも。

刑事も役に立つのかと思えば、最後に「じゃあ死ね」と言いながらチャッキーを撃ち抜いた以外は、ほとんど何もしてないし…。

トイストーリーを意識した広告が面白い

↑のような、少しトイストーリーを匂わせた広告が面白い。

この他にも、バズやレックス、ハム、スリンキー・ドッグをあからさまに意識した画像も。

微妙に違う感じというか、個々では違うものだけど、このラインナップだと確実にトイストーリーなんだけど、怒られないのかな?笑

 

リメイク版「チャイルド・プレイ」を観るなら↓