エンタメボルボックス

海外ドラマを中心に、ツッコミながら観るブログ。観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

MENU

【Netflix】『スペンサー・コンフィデンシャル』ネタバレ感想・レビュー|スコア65点「続編が出たらもっと評価されるだろう映画」

f:id:Boxthecompass:20200427114922p:plain

引用:https://www.netflix.com/

今回紹介するのは、2020年に公開されたNetflixオリジナル映画『スペンサー・コンフィデンシャル』です。

 

『スペンサー・コンフィデンシャル』とは

概要

2020年3月6日に公開されたNetflixオリジナルコンテンツの映画。

アメリカのアクションコメディ映画で、主演マーク・ウォールバーグが人を殴りまくる作品です。

Netflix公式サイト(https://www.netflix.com/)より引用

ボストン警察の警官2人が殺された事を知り、元警官で前科持ちのスペンサーは格闘家志望のホークと組んで、事件の背後にうごめく陰謀を探り始める。

監督:ピーター・バーグ 

 『ハンコック(2008)』、『バトルシップ(2012)』、『パトリオット・デイ(2016)』など。

主演のマーク・ウォールバーグとは多数の作品で、一緒に仕事をしています。

www.instagram.com

出演者・キャスト情報

スペンサー役:マーク・ウォールバーグ

www.instagram.com

出身:アメリカ・マサチューセッツ州ボストン(今作の舞台!)

生年月日:1971年6月5日(2020年4月現在・48歳)

主な出演作:『テッド』シリーズ、『トランスフォーマー』シリーズ、『ローン・サバイバー』など多数。

真面目な役をやっていてもユーモアが滲み出ちゃうテッドの人。

とにかく強い正義感で5年服役しても文句ひとつ言わないのすごい。

冒頭で腰をアイスピックで刺されてたけど、全く効いてないのは何故!?

あれだけ色々やって無罪のままエンディングを迎えられるのが凄い。

ホーク役:ウィンストン・デューク

www.instagram.com

出身:トリニダード・トバゴ アーガイル

生年月日:1986年11月15日(2020年4月現在・33歳)

主な出演作:『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(エムバク役)』、『アス』

スペンサーとしばらくいがみ合う展開なのかと思えば、すぐに打ち解け良いパートナーに。

キレたら手が付けられないような描写もありましたが、暴走する事もなく終始良いキャラでした。

いかついけど、なんか可愛いかた不思議。

www.instagram.com

 

ヘンリー役:アラン・アーキン

www.instagram.com

出身:アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク・ブルックリン

生年月日:1934年3月26日(2020年4月現在・86歳)

主な出演作:『リトル・ミス・サンシャイン』、『アルゴ』、『シザーハンズ』等。

ウインナー大好きおじいちゃん。

元々プロのボクサーとか格闘家だったのだろうか。

誘拐された後のケツの貞操が心配。

シシ―・デイヴィス役:イライザ・シュレシンガー

www.instagram.com

出身:アメリカ・テキサス州ダラス

生年月日:1983年2月22日(2020年4月現在・37歳)

主な出演作:『イライザ・シュレシンガーの一撃必殺』、『イライザ・シュレシンガーのベール反対!』、『イライザ・シュレシンガーのコントショー』等。

イライザはアメリカのコメディエンヌで、Netflixでは彼女の冠番組がいくつも制作されているようです。

初登場から口が悪くインパクトがありました。

最後の取引の際に普通に乗り込んでいってて笑った。

ドリスコル役:ボキーム・ウッドバイン

 

www.instagram.com

出身:アメリカ・ニューヨーク州ハーレム

生年月日:1973年4月13日(2020年4月現在・47歳)

主な出演作:『トータル・リコール(2012)』、『スパイダーマン:ホームカミング(ショッカー役)』

常に爪楊枝を咥えているという、伏線でしか無いキャラ。

まあ犯行現場に落ちてますよね。小説っぽいと言うか映画っぽいと言うか…。

 

管理人的スコア:65点「続編が出たらもっと評価されるだろう映画」

ストーリー  :★★★☆☆

分かりやすくて良かったと思います。

原作がシリーズものなので、全てを描き切れず説明が中途半端になっているキャラクターもいますが、特に深く掘り下げてみるような作品でもないので、軽い気持ちで受け入れられました。

まさか大型トレーラーの講習が最後に繋がってくるとは予想外でした。

キャスト・演技:★★★★☆

さすがシリーズ物の小説を原作としてるだけあり、それぞれのキャラクターが立っていたと思います。

ウインナーしか食べないヘンリーとか、ちょっと変わったFBIの刑事とか、キャラの強いシシ―とか…。

きっとシリーズの別の話でも登場するんでしょうね。

スペンサーの正義感が強く真面目だけどちょっと抜けてる感じも、愛着が持てて良かった。

続編で別の事件に挑む4人の姿も見てみたい。

演 出       :★★★☆☆

色んな伏線がフラッシュバックや音声と共にまとまっていく演出は良かったと思います。

音楽も軽快な感じで、中だるみしませんでした。

疑問に思ったのが、なんで敵はあんな大きいナイフ持ち歩いてるの??

銃ないの?

そして最後、口の割に一方的やられていたスペンサーが急に優勢になったのは、ちょっと不思議でした。

映像美    :★★★☆☆

ド派手な映像!!!ではなく、ボストンの街並みを使った映像、現実的に起こり得そうな地に足の着いたアクションシーンとして、観やすかったです。

 

 

続編『スペンサー・コンフィデンシャル2』は情報無し

残念ながら、2020年4月点で続編の情報はありません。

しかし、原作がシリーズ物の小説なのでストーリーのストックは問題なさそうです。

これからの再生回数次第でしょう。