エンタメ・ボルボックス

海外ドラマやゲームを中心に、面白いと感じた事を発信!観るべき作品はあまりに多く、人生はあまりに短い。忙しくて時間の取れない大人達へ!

ネタバレ感想・考察『THE MANDALORIAN(マンダロリアン)』チャプター5:THE GUNSLINGER エピソード4のあの場所が再登場!ラストシーンで近付く影の正体は?

 

 今回紹介するのは、日本では12月26日から公開された「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品『THE MANDALORIAN(邦題:マンダロリアン)』です。ディズニーの公式動画サービス「ディズニーデラックス」限定での配信となります。

 

第4話考察↓  

 2万円超のオリジナルライトセーバー作るなら↓

『マンダロリアン』チャプター5:THE GUNSLINGERのあらすじ

 ザ・チャイルドを追っ手から守る主人公(マンダロリアン)。追っ手の宇宙船を撃墜するが、主人公の船もまた損傷し、近くの惑星タトゥイーンに降り立つ…  

エピソード4で登場したあの酒場が再登場!

 ⇒タトゥイーンに降り立った主人公が仕事を求めてたどり着いた酒場。話しかけて来たトロ・カリカンが座っていたのは、正しくエピソード4でハン・ソロが賞金稼ぎに座らされた席でした!エピソード4の時代では、かなり繁盛していた様子ですが、帝国崩壊後は閑散としているようです。店員も人からドロイドに代わっていました。

トロ・カリカンはギルドに憧れを持つ、ただの青年?

 ⇒チャプター5で初登場し、消えていったトロ・カリカン。彼は執拗にギルドメンバーになることに拘り、お金に執着はありませんでした。初めはドジな素人という印象でしたが、フェネック・シャンドに唆された瞬間に豹変しました。豹変ぶりに驚かされましたが、彼はただ名声を求めて、ギルドに憧れていただけだったのでしょうか。

フェネック・シャンドの遺体に近づく影の正体は?

 ⇒ラストシーンにて、トロ・カリカンに殺されたフェネック・シャンドの遺体に近づく謎の姿が。人間のような姿でしたが、足音に金属音がしましたので、マンダロリアンのようにアーマーを着ているのでしょうか。どことなく女性のよう気もしました。

 また、近付く目的は一体なんなのでしょう。シャンドが何か持っていたものに用があったのか、それともシャンドはまだ生きていたのか…。主人公は、ヘルメットを通して、体温も見えているはずなので、シャンドが生きていたのを見逃すことはないと思いますが…。いずれにせよ、シャンドを演じているは、みんな大好きエージェント・メイなので、どんな展開があっても、違和感はありません。普通に生きてそう。

 

感想:イメージボードのペリ・モットーの絵、酷くない?

 エンディングで出てくるイメージボード集。修理工場のペリ・モットーの立ち姿、頭のサイズおかしくない??夢に出てきそう。

 今回はストーリー自体は特に進まず、番外編のような話でした。っていうか主人公、ザ・チャイルドを置いて、街に出ちゃうのかよ!不用心!!そして、タスケン・レイダーって出て来る度にロクなことがないですね…。あと、撃たれても死なないベスカーのアーマー強すぎ。そして、一撃必殺、西部劇みたいな演出が渋いですね。

 来週あたりから、物語が一気に動いてきそうです。

 


■予約■[FUNKO(ファンコ)] FUNKO POP! STAR WARS: Mandalorian - The Mandalorian <マンダロリアン/スター・ウォーズ>

 


【POP!】スター・ウォーズ IG-11 フィギュア マンダロリアン


龍が如く7 光と闇の行方